シトルリンが精力剤として人気の理由

シトルリン
シトルリンは人間の体を構成するアミノ酸の一種で、主に尿素回路を構成している化合物の1種で、血管を強くしなやかにして血流を改善するスーパーアミノ酸。

血管を拡張し血流を促進する作用があるNO(一酸化窒素)を生み出すことから、勃起やサイズアップに期待できるとして、多くの精力剤の素材として採用されています。

その他にも動脈硬化の抑制、免疫の向上をサポート、疲労回復などの効果が報告されています。

シトルリンは医薬品?

カラハリスイカ1930年に日本でスイカから発見され、米国では長年医薬品として利用されてきました。

2007年4月の食薬区分改正を受けてシトルリンは健康食品として日本での発売が許可されました。

スイカ以外にもゴーヤなどウリ科の植物に多く含まれていて、女性の美容や男性の悩みや健康のためにめぐりが広がる成分として注目されています。

シトルリンでペニス増大?

 
市販の精力剤の中で、シトルリンを配合する事で、「ペニス増大・サイズアップ」と宣伝して販売している事があります。
Lシトルリンは以前は医薬品成分でしたが、効能や副作用がゆるやかであるため、食品への添加を認められた経緯があります。

つまり、医薬的として効果や副作用を注意喚起する必要性がないほど「緩やか」だという事です。

したがって、シトルリンを摂取して血管が強くなって、血流が良くなったから、ペニスがすぐに大きくなったりといった過度な効果は期待しない方が良いという事になります。

シトルリンでED改善する?

 
シトルリンでED改善糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病が原因で血管や神経が障害を受けて起こる混合型のED対してシトルリンは間接的に効果があるともいえます。陰茎を通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こりやすくなりますが、シトルリンで血管を強くし、生活習慣病を予防する事でEDが起こりにくくなるといえます。もちろん、シトルリンを摂取したから即、勃起するED治療薬のような即効性はありません。続けることでEDにならない体質をつくるといった考えで使用がオススメです。

国産のシトルリンがオススメ

協和発酵シトルリンは、ここ数年で人気が急上昇したことから、国内外のメーカーで製造が増加しています。

日本では協和発酵バイオが長年、シトルリンの研究をしています。安価な中国産もありますが、安心・安全な国産のシトルリンがおススメです。

というのも、協和発酵バイオは国内で唯一 L?シトルリンの製造を手がけていて、発酵法によってシトルリンを製造しているが、安価な海外製は、合成法で作成している。

コスト面は海外製のものだが、品質・安心感・安全性を気にする男性は、国産がオススメです。

しかも15日分が700円で試せるのも嬉しい。

協和発酵のシトルリン

シトルリンとアルギニンのNO

シトルリンの選び方

シトルリンは近年アルギニン以上に人気の成分で選ぶ際には、国産であることやその他の成分との相性も気になります。
また、サプリメントは効果を実感するまでに時間がかかるので続けるために習慣にしやすいシトルリン配合の青汁対応が人気急上昇です。

青汁でシトルリンが摂れるから簡単に精力アップ

シトルリンの青汁で勃起サプリを選ぶ時には、配合量、添加物などと合わせて、製造などもしっかり確認しましょう。

おススメは、青汁1杯で600㎎のシトルリンが摂れて、亜鉛も入った「大人の青汁」。

精子の量が少なく運動率が低いなど男性不妊で悩んでいる男性やアルギニンサプリで精力アップ効果を実感できなかった方にも人気の商品。

お試しセットもあるので試しに飲んで味が合うかどうかを確認できるのも嬉しい。
シトルリンは国産の協和発酵を使用。主成分の桑の葉はメタボで悩む男性にも嬉しい糖質抑制成分や精子の育成に関係の深いビタミンEがケールの10倍も入っていて、まさに男性のための青汁でしょう。

公式サイトでは勃起力や精力にはあまり触れず男性不妊(精子対策)が中心に紹介されているが、Lシトルリン、亜鉛の配合を考えるとアルギニンのサプリやマカのサプリより効果が期待できる。
シトルリンサプリ