シトルリンのむくみ解消効果

シトルリン
シトルリンの効果として特に注目されているのは,NO(一酸化窒素)産生による血管拡張作用です。
シトルリンは、体内で吸収されたあと,アルギニノコハク酸を経てL-アルギニンに変換され,再度、シトルリンに変換される過程で血管拡張作用のあるNO(一酸化窒素) を産生します。
シトルリンの研究では、アメリカのルイス・イグナロ氏ら3博士が、1998年にノーベル生理学・医学賞を受賞するなどして、血管系の健康維持に重要な役割を及ぼす成分として,筋肉増強,運動パフォーマンス上昇,精力増強や冷え性改善に作用すると考えられています。

血流改善でむくみ解消に

シトルリンで脚のむくみ解消血流を改善させる事で、むくみ解消に対する効果が期待されています。
むくみは、人間の体内に余分な水分や老廃物が蓄積されて起こる症状ですので、運動不足で筋肉が落ちた男性や、筋肉量が少ない女性に多い悩みです。
心臓から遠い足は血流を滞りやすいためか、むくみを感じやすいといわれています。
シトルリンなどによって、血流が改善されることによって、体内に蓄積された余分な水分等が体外へ排出されやすくなるため、むくみの解消に効果的であるとされています。

足のむくみって?

女性がよく口にする「足がむくむ」というのはどういったことなのでしょうか?
僕の嫁に聞くと、「足がパンパンで、靴を履いた時に窮屈で痛い感じ。例えたら像の足」らしいです。

むくみは、静脈が詰まったり、リンパ液がスムーズに流れないことで、血しょう成分が血液に戻らず、細胞と細胞の間に余分な水分が溜まることによって起こります。

むくみ解消方法

 
脚のむくみ足のむくみは老廃物が溜まったり冷える事で起こりやすくなります。
むくみを解消するためには、「老廃物をため込まないこと」と「冷やさないこと」がポイントになります。

仕事でデスクワークが多い女性は、冷えた空気が直接足に当たらないように、長ズボンを履いたり、脚に毛布や上着をかけるなどの工夫をすることも足のむくみ解消のポイントになります。

冬は、足先から冷えていきますので、厚手の靴下、ストール、ストッキングなどに工夫することで冷えを抑え、足のむくみ予防になります。

「老廃物をため込まない」ためには、同じ姿勢で長時間作業したり、座ったままの状態を改め、休憩をはさんで体をこまめに動かすことも大切です。

その他にも、塩分を控えたり、インスタント食品を控える、十分な水分を取り、たくさん便として排出し、老廃物を排出出来るような体質にしておくことが必要です。

実証されたシトルリンのむくみ解消効果

 
シトルリンの国産メーカーである協和発酵を主体とした「シトルリン研究会」では、シトルリンの持つ血流改善効果によって「手足のむくみ」が体感レベルで改善される効果を示しています。
脹脛(ふくらはぎ)の最も太い部分とその下5cmの2箇所について、シトルリン摂取の20分前、摂取から2時間後、4時間後、6時間後の計4回の測定をボランティアで行い、実験では、常にイスに着座、かつ合計600mlの水を摂取、足がむくみやすい状況を作り、5日間継続摂取のうち1日目と5日目で行い、単回での効果と継続での効果の両方を調査しています。http://www.citrulline.jp/about/work/dropsy.htmlより参照
シトルリンでむくみ解消

シトルリンは医薬品ではない

 
シトルリンでED改善糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病にもシトルリンは間接的に効果があるともいえます。血流が悪くなって動脈硬化が進むと様々な病気を引き起こりやすくなりますが、シトルリンで血管を強くし、生活習慣病を予防する事で様々な期待がもてます。しかしながら、シトルリンを摂取したから即、改善するといった医薬品のような即効性はないと考えたほうが良いでしょう。
シトルリンは2007年の食改正で食品として利用可能になった経緯がありますので、継続して摂取することでむくみや冷えを防止するための体質をつくるといった考えで使用がオススメです。

シトルリンの選び方と副作用

シトルリンはその効果が、血流改善など多くの効果が期待されているため多くの商品が市販されています。女性にはむくみ防止や冷え対策、男性には精力アップやED対策などでも期待されています。
数多く販売されているシトルリンの中でどんな商品を選んだら良いのでしょうか?
シトルリンは、発酵の力で生み出されたアミノ酸で、体内でアルギニンに変化する時に、一酸化窒素(NO)を産み出し血流を促進しますが、味噌やヨーグルトと同じく、発酵パワーを利用して作られたピュアなアミノ酸です。
日本では、協和発酵が世界で初めて発酵法によるアミノ酸の生産に成功しました。

市販のシトルリンのサプリメントには、合成法で製造された安価な海外製の物も多くあります。

中国産などの海外製が粗悪品というわけではありませんが、折角体に良い物を摂るのであれば、品質の高い、国産の発酵型の商品がおススメです。

シトルリンのサプリメントを購入する時には、WEbサイトや販売店のお問い合わせ先に確認してみるのも一つの手です。

シトルリンの副作用

シトルリンの副作用2007年の食薬改正で、医薬品扱いから健康食品での使用が可能になったシトルリンには、基本的に副作用はありません。健常な方の場合は、よほどの粗悪品や過剰摂取をしなければ副作用の心配はありません。

一方で、「シトルリン血症」を患ってる方は摂取を控えないといけません。
さらに、シトルリンは、血管を拡張する事で血圧が下がる可能性があるので、「降圧剤」を使用している方や、血管に関する疾病がある方はかかりつけの医師などに相談しましょう。

協和発酵のシトルリンがオススメ

協和発酵シトルリンは、ここ数年で人気が急上昇したことから、国内外のメーカーで製造が増加しています。

協和発酵シトルリン日本では協和発酵バイオが長年、シトルリンの研究をしています。安価な中国産もありますが、管理人としては安心・安全な国産の協和発酵バイオのシトルリンがおススメです。

というのも、協和発酵バイオは国内で唯一 L-シトルリンの製造を手がけていて、発酵法によってシトルリンを製造しているが、安価な海外製は、合成法で作成しています。

コスト面では海外製も魅力的ですが、このご時世、品質・安心感・安全性を気にする男性は、国産の協和発酵のシトルリンがオススメです。
協和発酵はアルギニンコエンザイムq10など精力増強に関係の深いアミノ酸の原料メーカーなので品質もナンバーワンと言ってよいのに、
しかも初めてで効果を試したいという方向けに、15日分が700円で試せるのも嬉しい。

シトルリン

シトルリンの入った青汁が人気

シトルリンの青汁で勃起ED予防や生活習慣対策でシトルリンを選ぶ時には、配合量、添加物などと合わせて、製造などもしっかり確認しましょう。

今男性に人気のなのが、国産のシトルリン1杯で600㎎が摂れて、亜鉛も5㎎入った「大人の青汁」。

精子の量が少なく運動率が低いなど男性不妊で悩んでいる男性やアルギニンサプリで精力アップ効果を実感できなかった方にも人気の商品。

お試しセットもあるので試しに飲んで味が合うかどうかを確認できるのも嬉しい。
さらに青汁の主原料である桑の葉はメタボで悩む男性にも嬉しい糖質抑制成分や精子の育成に関係の深いビタミンEがケールの10倍も入っていて、まさに男性のための青汁でしょう。

公式サイトでは勃起力や精力にはあまり触れず男性不妊(精子対策)が中心に紹介されているが、Lシトルリン、亜鉛の配合を考えるとアルギニンのサプリやマカのサプリより効果が期待できる。
シトルリンの口コミ
シトルリンの入った青汁の詳細