成分強化した協和発酵の国産発酵型のアルギニン

アルギニンEXサプリメントの精力剤の中で、アルギニン含有量が多い点をPRしている商品は数多くあります。男性の活力としてアルギニンが人気でシトルリンとのサイクルで産生される「一酸化窒素(NO」)が、男性の健康にも良いということは最近では多くの男性が知ってると思います。

しかし、アルギニンは吸収率が悪いものがあったり、中国製の粗悪な原料を使用しているものもあり、選ぶ点には注意が必要かもしれません。

その中、日本で唯一、発酵法によるアルギニンやシトルリンの製造を手がけている医薬品原料メーカーが協和発酵バイオです。

以前からアルギニン単体のサプリとして人気でしたが、成分強化し、アルギニンを好む男性に支持されています。

協和発酵の「アルギニン」の効果をわすか!980円で試せる

価格 公式サイト通販お試し価格:500円980円(税込)
送料無料
通常商品の内容量 63g(350mg×6粒×30包)(1日目安/1〜2包)お試しは10包
通常購入 5,184円(税込)
主な成分・原材料 還元パラチノース、アルギニングルタミン酸塩、セルロース、ショ糖エステル、リン酸カルシウムアルギニン、クエン酸、グリセリンエステル、HPC、リン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1

 

アルギニンEXにリニューアルされて成分の配合量や価格が変更されています。詳細は協和発酵の公式サイトで確認ください
協和発酵アルギニンを公式サイト通販で購入

以前のページはコチラ

アルギニンEXの変更点

アルギニンEXのアルギニン配合量アルギニンEXは長年の研究から生まれた独自製法で、以前の商品よりアルギニン配合量を大幅アップ!1日の推奨量1500mgがわずか6粒で摂れるよう変わりました。
さらに注目すべき点は、クエン酸の配合です。アルギニンは体質によっては胃腸に負担がかかり、胃痛や下痢を引き起こします。特にアルギニンの配合量が増えれば増えるほど負担が増えるので、
今回はクエン酸を配合し、アルギニンの胃腸に掛る負担を中和する設計になっています。

市販の精力サプリには、アルギニンを多く配合している点をウリにしている精力剤もありますが、この点まで配慮されている商品は今までなかったように感じます。

さすが、医薬品原料メーカーです!!!

アルギニンの実験結果

アルギニンの効果アルギニンの成長ホルモンの分泌を促す効果に関して、アルギニンとプラセボ(疑似薬)の比較で夜間の成長ホルモン分泌が高くなる事が報告されています。
成長ホルモンは、タンパク質合成を促進させるなどの効果があり子どもにも必要なホルモンです。
また、アルギニンは、体内でも合成されますが、大人でも怪我をした時や高いストレスに晒されているなど、体力を消耗している時は、体内で不足するため条件付き必須アミノ酸とされています。
働く男性や体を鍛える男性にアルギニンが人気の理由はこういった事にもあるかもしれません。

アルギニンとシトルリンの関係

オルニチンサイクルアルギニンは、肝臓の細胞内でアンモニアを解毒する代謝経路、オルニチンサイクルに関わっています。また体内でシトルリンに変換されその際にNOを産生する事から

血管を拡張する作用があるとされますので、、男性機能の改善にも期待されています。

実際に、市販の精力系のサプリメントでは、アルギニンを高配合したものやアルギニンとシトルリンを両方配合した物もあります。

中には、アルギニンはシトルリンと比較した場合に吸収率が低い、アルギニンを大量に摂取すると胃に負担が掛るなどといった理由でシトルリンを選ぶ方もいるようです。

市販のアルギニンのサプリを飲んで胃に不快感を感じる場合は、アルギニンが中和されていない粗悪な物もありますので、信頼できるメーカーの製品を選ぶ事も大切なポイントです。

エナジードリンクには注意も必要

エナジードリンク疲れたなあ~と感じた時にコンビニで手軽に買えるエナジードリンク。代表的な商品がレッドブルかもしれません。そのレッドブルにもアルギニンが200㎎配合されています。元々はタウリンが1000㎎、コリン50㎎、イノシトール50㎎、リシン50㎎といった医薬品扱いの成分が配合され海外で人気の商品でしたが、日本ではそれらの成分を含むと医薬品となり、コンビニなどで手軽に買える清涼飲料水扱いにならないため、代わりにアルギニンが配合されたという話は比較的有名な話ですね。しかし、エナジードリンクには、糖分も多く配合されているケースが多々あります。飲んで、血糖値が急上昇する事で一時的にパワーが出たように感じても、後で急激に疲れを感じたり、糖質過多になる可能性もあります。アルギニンを摂るなら、なるべく無駄な糖質は避けたいですね。

アルギニンの摂取量

シトルリンの摂取目安は1日800㎎アルギニンが効果的に働くには1日に2000~4000mg以上の摂取が必要とされていますが、アルギニンはアミノ酸の一種で、肉や魚介、卵などタンパク質を多く含む食品にも含まれています。

左記にも紹介しましたがアルギニンは摂り過ぎると体に負担がかかりますので、闇雲に多くのアルギニンを配合したサプリメントが良いとは限りません。

アルギニン、シトルリンをはじめアミノ酸の研究の第一人者ともいえる協和発酵バイオがサプリメントで補足する推奨する一日の摂取量目安は800㎎です。

下記にアルギニンが多く含まれる食品を紹介していますので、自分が普段の食生活で摂っているアルギニンの目安などを参考にして足りない分をサプリで摂るのがベターではないでしょうか?

シトルリンとは

アルギニンの欠点

シトルリンの青汁

食品に含まれるアルギニンの量
食品名 アルギニンン量

(100gあたり)

大豆 2700mg
キハダマグロ 1300mg
リブロース 1200mg
うなぎ 1100mg
にんにく 970mg
高品質で低価格なアルギニン

巷には多くのアルギニン含有のサプリメントが販売されています。

市販のアルギニンには、安価な海外製が多いのですが、国産の協和発酵バイオのアルギニンは、発酵型で高品質なのに、通常購入でも15日分で1545円(税込み)で購入できます。

ずうっと続けても財布にも優しいです。

しかも、初めてでシトルリンを試したい人は、初回は500円で試せます。

続けることが大切ですが500円なら一度アルギニンを試してみる価値はあると思います。

協和発酵アルギニンを公式サイト通販で購入

協和発酵はシトルリンも人気

高品質な協和発酵のアルギニンは人気の商品ですが、シトルリンも人気です。合わせて購入しても安価なのでまとめて購入する方も多いのが特徴です。

シトルリン

即効性を求める方は

ED治療薬の比較飲んで1時間程度ですぐ勃起するといった目的の方には、サプリメントではなく医薬品であるED薬が人気です。

バイアグラやシアリスなどは一時偽物を服用した方がなくなったり危険だと思っている方もいるようですが、

きちんと病院で診察を受け処方されている方は、ほてりなどの副作用はあっても問題なく効果を実感しています。サプリでじっくりかED薬で即効性を求めるのかは個人個人の考え方ですね。
高齢の男性の場合、バイアグラやシアリスといったED薬は副作用が怖いので、天然素材の商品でじっくり取り組みたいという声もあります。

この記事を見た人はこんな商品もみています

協和発酵のシトルリン配合した桑の葉青汁

大人の青汁
協和発酵の高品質なシトルリンを配合した男性向けの青汁。
抗酸化成分やビタミンE、GABAが豊富な桑の葉に、亜鉛酵母も配合された、まさに男の悩みのための青汁。

男性不妊で悩む男性にも利用される青汁なので、精力的な事にも期待でき、サプリが苦手な男性に人気。

定期購入なら初回3980円で60杯分。2回目以降も6980円でお得に続けやすいのでおススメです。

シトルリンを通販で購入