運動で男性ホルモンが増える!!

運動で男性ホルモン増加精力剤を買ったり勃起薬、ED治療薬を買う前に、運動で男性ホルモンを増やすことも大切です。

運動不足で内臓脂肪が蓄積するとアンドロゲン(男性ホルモン)の分泌低下につながります。
しかし、内蔵脂肪は皮下脂肪よりも消化されやすいので、運動を意識し継続する事で減らすことが可能です。

しかも、体を動かし運動すること自体にアンドロゲンを増加させる効果があります。

いきなり激しい運動をしなくても、ストレッチをするだけでも効果があり、継続する事が重要です。

重要なのは余分な脂肪を減らす事

メタボは男性ホルモンの大敵精力をあげるために男性ホルモンを増やしたいという場合、肥満が原因であっても無理なダイエットは禁物です。

極端に食事を制限したり急激な運動をすると体調を崩したり、大切な筋肉を衰えさせたりして男性ホルモンを減らしかねません。

大切な事は、体重を減らす事ではなく、余分な脂肪を減らすこと。筋トレというと筋肉ムキムキのボディビルダーを想像する方もいますが、肥満、メタボにならないで継続できる運動を続けていくことが大切です。

基礎代謝をあげよう

筋肉が男テストステロンと関係基礎代謝とは人間が呼吸したり体温調整したり生命維持のために使われるエネルギーのことです。

激しい運動をしなくてもエネルギーを消費するので基礎代謝があがれば脂肪が消費されやすくなります。

筋肉は基礎代謝の4割を使用するので、筋肉をつける事で基礎代謝もあがります。

逆に、筋肉が衰えて姿勢も悪い人は基礎代謝が下がり脂肪がつきやすくなるので男性ホルモンも増えにくい事になります。

精力アップの為に下半身の筋肉を鍛える

下半身の筋肉を鍛えるといっても、男性の性器を鍛えるわけではありません。

男性の筋肉の約7割は足腰など下半身に集中しています。

若い頃にスポーツをして人が、40代頃に足が細くなったりしますが、アンドロゲンが低下し筋肉が衰えているからです。筋肉が減れば消費するエネルギーも減少し、内臓脂肪がつきやすくなります。
いつまでも男性ホルモンを維持するには筋肉の量が多い下半身の強化、筋トレが効果的です。

下半身の筋力を強化することで、内臓脂肪がつくのをふせぎ、ひいては男性ホルモンの増加に繋がるというわけです。

下半身の筋肉

精力アップのため、男性ホルモンを増やす為に大切な下半身の筋肉の代表格が次の3つです。

  • 腹直筋
  • みぞおちから恥骨までの、一般的に腹筋と呼ばれる筋肉です。アスリートの間でも6つに割れているシックスパックや8つに割れるエイトパックなどは見てて格好良いですね。

  • 臀筋
  • 骨盤と足の骨をつないでいるおしりの筋肉。大殿筋、中殿筋、小殿筋の3つでできています。

  • 内転筋
  • 骨盤から膝へつながる筋肉で、ふとものの内側の5つの筋肉をあわせて内転筋といいます。

    男性ホルモンが減る理由

    男性ホルモン減少男性ホルモンが減る原因は3つ。加齢、ストレス、生活習慣です。

    通常、20代をピークに10年ごとに約10%前後減少します。年齢による自然のカラダの衰えだけでなく年齢を重ねる事で、仕事でも家庭でも責任ある立場になりストレスが大きくなり男性ホルモンが減少します。
    また慢性的な運動不足になったり、偏った食事が肥満やメタボを引きおこし、ホルモン低下の悪循環を引きおこします。

    男性ホルモンを増やす為には?

    八味地黄丸で男性ホルモンを増やす運動で男性ホルモンを増やす以外に、精力アップするためには、ストレスを溜めないことと、男性ホルモンの栄養源である食事の見直しも大切です。

    男性ホルモンが減少し、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)と診断されて病院で治療する時は、カウンセリングでストレス発散のアドバイスと食事や運動など生活習慣の指導が行われます。

    男性ホルモンを増やす食事

    男性ホルモンを増やす運動

    ストレスコントロールで男性ホルモンを維持

    テストステロンのサプリメント

    トンカットアリ男性ホルモンを増やしたい場合、テストステロンを増やすサプリメントも人気です。
    アスリートに人気のテストステロンのサプリメントの多くが原材料にトンカットアリを使用しています。

    その他、欧米には筋肉増強目的でテストステロンの増強のサプリメントが多数販売されています。
    日本国内では、マカやアルギニンといったアミノ酸系も人気ですが、男性ホルモンを増やすという意味ではトンカットアリが人気の様です。

    精力剤を買う前に

    EDや中折れで精力剤や勃起薬を買う前に、男性ホルモンの事を知ることで、自分にあったサプリメントを選んだり、もしかしたら、精力剤を買わずに、食生活や運動で対処できるかもしれません。
    私は、サプリメントも勃起薬も使用していますが、ゴルフやウォーキングなど運動を取りいれ、肉・野菜・魚などバランスの良い食事を心がけ、会社では青汁を続けることで以前より精力が高まったように感じます。