トンカットアリに含まれる精力増強成分

トンカットアリの調査・研究では、様々な効果が確認されていますが、その要因が含まれる成分にあることも分かっています。

トンカットアリには、以下のような成分が含有されており、特にユーリペプチドが20%以上、グルコサポニンが30%以上含まれています。

これらがバランス良く含有されていることでテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを整え、減退している男性機能を呼び起こす力を発揮します。

  • グリコサポニン
  • ユーリペプチド
  • カシノイド
  • ステロール
  • テルペノイド
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • 遊離型テストステロンが重要

    男性ホルモン(テストステロン)の中で、実際に精力的な作用するのは遊離型テストステロンであることが分かっています。

    精力アップや精力減退対策を考えた場合、総テストステロンを多く摂取するのではなく遊離型テストステロンを効果的に摂取する事が第一段階となります。

    また、遊離型テストステロンと相性の良い成分がビタミンDとアルギニンであることも分かっています。

    精力サプリメントの原料ではトンカットアリが遊離型テストステロンのレベル向上の実証データが報告されています。

    精力サプリメントを販売する方の中には、アルギニンで精力アップを宣伝している場合もありますが、アルギニンはアミノ酸の一種ですのでアルギニンだけでなく、遊離型テストステロンと合わせて摂取することで効果が高まることが分かっています。

    トンカットアリの効果

    トンカットアリ
    精力剤の素材として人気の急上昇のトンカットアリとは、元来、マレ-シアやインドネシアの熱帯雨林に生息するにがき科の潅木の根っこ。

    精力アップの人参として朝鮮人参やマカ(アンデス人参)など世界5大精力人参の一つとしてマレーシア人参と呼ばれることもあります。

    トンカットアリは現地で滋養強壮や精力増進、勃起薬として、古来から愛用されていました。

    トンカットアリという名前は、現地では「 Aliさん のステッキ」の意味で男性生理器官への影響に由来し、男性の媚薬剤及び強壮剤として伝統的に使われてきました。

    勃起促進成分が配合された医薬品とは違い、天然の植物ですので、身体への負担も少なく、様々な実験や研究の結果からも男性ホルモンを増やし勃起不全の悩みに良い素材として使用されています。

    その他にもトンカットアリには様々な効果の研究成果が報告されています。

    1977年に刊行されたオックスフォード大学出版のマレー薬辞典でもEurycoma Longifolia(トンカットアリの学名)にその旨記載されています。

  • 1疲労回復
  • 2免疫力の向上
  • 3腰痛の緩和
  • 4血液循環の向上
  • 5ホルモンバランスの調節、特に精子数の増加
  • 6勃起レベルの向上
  • 7性衝動の増進及び射精前状態の増長
  • 8性行為の活発化
  • トンカットアリのマウス実験

    セインズ・マレーシア大学薬学部講師のAng Hooi Hoon博士やシンガポール大学医学部の研究者達のトンカットアリのマウス実験で、トンカットアリはペニスの硬直指数を増加させ、セックスに対する願望とスタミナを高めることが証明されました。

    博士らのねずみを使用した研究で明らかになったことは、トンカットアリはホモ性を呼び起す事はない、性的パートナーを区別するに足るオスの能力を変えることはない、性的に活発なねずみを去勢した後でトンカットアリを与えたら、それでも性的能力を維持していた。餌にトンカットアリを混ぜると性的衝動を増す、などという事です。

    トンカットアリでテストステロンが4.8倍に

    トンカットアリでテストステロン増加マレーシア大学の生化学研究局(Johari M Ali et al)の研究によれば、トンカットアリを1週間服用した後では、精巣で作られる男性ホルモンのテストストロン(testosterone)の値が480%増加する結果が得られ、トンカットアリには、精子数を増加させる作用があることが確認されています。

    トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。

    さらに健康な男性30名(31歳から52歳)にトンカットアリエキスを1日100mg/3週間摂取させ、男性ホルモンであるテストステロンの前駆体であるDHEAの増加率を測定した多研究では1週間後で26%、3週間後には47%の増加が確認されました。

    高麗人参の10倍以上のサポニンが効果の決め手

    精子を守る最近は研究が進み、韓国の研究者は、トンカットアリが高麗人参人参よりも、5倍も高い治療効果をもつことを明らかにして韓国内でも話題になりました。

    高麗に人参に含まれるサポニンもテストステロンに影響を与える事から精子の生産や性的興奮の発現にも関係していますが、トンカットアリには高麗人参に比べて5倍の効果があることが判りました。

    薬用人参の代表成分と言われている【サポニン】の含有率を見た場合、、高麗人参の0.3~3%に対して田七人参は7~12%、トンカットアリは20%以上という高さを誇っています。

    トンカットアリにはテストステロンの分泌を促す成分としてアルギニンが高濃度で入っている事も確認されています。

    トンカットアリが精力アップに効果があるのは、アルギニンなどのタンパク質だけでなくビタミンB6、そして精液に高濃度に含まれる亜鉛など、バランス良く含まれていることがあげられます。

    トンカットアリ高配合の精力サプリメント

    今では、日本でも多くの方が、精力アップなどを目的にトンカットアリのサプリを愛用しています。現在、一番人気のトンカットアリのサプリは、なんといっても芳香園製薬のビガリスです。1粒で5000㎎のトンカットアリが配合され、サポート成分もマカ、アルギニン、亜鉛などたっぷりです、お得なお試しセットも販売されていますので、効果を試してみて続けてみましょう。
    精力剤1位
    トンカットアリの精力剤