メタボ・肥満が精力減退・EDの原因

メタボ対策で糖尿病を予防
糖尿病の人は、器質的ED(勃起不全)になりやすいという事は知られています。健康診断で血糖値が高いと言われ、メタボ、メタボ予備軍と呼ばれる中年男性は、EDになっていなくても精力減退し、中折れしたりという経験をしていると思います。

アメリカのユダ大学の研究では、

【肥満男性の精子は精子の量が少なく、運動率も衰えている】

と発表されています。肥満になると、体内に余分な脂肪が溜まり男性ホルモンの働きを失わせる酸化物質が大量発生し、性欲を減少させ、勃起を促す男性機能も失われていきます。

なんで肥満・メタボになると精力減退?

糖尿病で陰茎に血液が中折れや勃起不全の前に、勃起のメカニズムを簡単に説明します。

通常、勃起するためには視覚や触覚等で感じた性的な刺激を脳が神経を通じて、陰茎にある海綿体に血液を流しこむことで起こります。

メタボ、肥満になっている男性は、男性ホルモンの低下だけでなく、血糖値が高くなり、血管や毛細血管を損傷し、血液の流れが悪くなったり、海綿体動脈などの内皮細胞においても「内皮型一酸化窒素合成酵素」(eNOS)の活性が低下することで、弛緩が起こりにくくなります。
さらには、末梢神経への影響でいくら脳が興奮してもその指令が陰茎まで届かなくなってしまう糖尿病性末梢神経障も原因の一つと考えられています。

メタボ・肥満

健康診断などで糖尿病と診断されていない場合でも、次のような症状の人は、精力減退、ED、男性不妊の危険性があります。日頃から食生活の改善、運動不足の解消をしましょう。

  • のどが渇きやすい
  • 尿の量・回数が多い。
  • 体重が急激に減る。
  • 全身がだるく、疲れやすい。
  • 目がかすむ(視力障害)。
  • 立ちくらみ
  • 手足のしびれ
  • 性欲減退・性行為の途中で折れる

ED治療薬

EDの悩みには勃起薬メタボや肥満で精力減退していても、バイアグラやシアリス、レビトラといったED治療薬で勃起を促すことはできます。

最近では少しだけ安価なジェネリックを処方する病院も増えてきて、メタボや肥満が原因でED薬を使用する男性の財布にも優しくなりました。

一方で、ED薬は勃起を促す効果はありますが、根本的な肥満を解消しないと精力減退、性欲減少は改善しません。

ダイエットサプリで効果はあるの?

ネットなどで販売されている健康食品やダイエットサプリには「糖尿病に効果がある」「飲むだけでダイエット」などといった情報や商品があります。こうしたものの中には、糖尿病の状態を良くしないばかりか、悪くしかねないものもあります。
EDや精力減退の原因となるメタボや肥満を治す市販の薬や健康食品の効果は、あくまで補助的なものであったり、置き換え方式です。
糖尿病や血糖値に不安のある場合は、病院・診療所を受診し、検査、治療を受けて、早く治療を始めるほど、血糖をうまくコントロールでき、EDを招く合併症を防ぐ可能性も有、早期の場合、薬を使わないで食事療法や運動療法により治療できることもあります。

市販のダイエットサプリなどで肥満を解消し、精力回復するのは現実的ではありません。食事や運動をし根本的な対策をし、生活習慣を見直すことが大前提です。

糖尿病でEDになる前に生活習慣の見直しを

糖尿病はその原因から1型、2型に分けられ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などの生活習慣が原因となって起こる型糖尿病が約95%がといわれています。
2型糖尿病の場合は、生活習慣を見直すことで、糖尿病になりにくい体をつくることができます。ストレスや運動不足、暴飲暴食を改善する、禁煙するといった事は、精力アップにもつながります。
肥満気味かな?メタボかも?と思った今が、見直す機会かもしれません。

 

桑の葉青汁で生活習慣改善のサポート

桑の葉をベースにした青汁。

野菜不足対策と活力改善が一石二鳥

シトルリンの青汁で勃起今や会社や自宅で多くの方が野菜不足や健康のために飲んでいる青汁。

ケールや大麦若葉などと並び最近話題の青汁の原料が【桑の葉】。

ビタミンやミネラルが、食物繊維がケールや大麦亜若葉と比べても豊富に含まれているだけでなく、一番の特徴は、DNJを含んでいること。
桑の葉は、SODがケールの5倍、ビタミンEは10倍

桑の葉に亜鉛を5㎎、Lシトルリンを600㎎も配合した青汁。

野菜不足が気になる方に、活力や、妊活にも大切な成分が同時に摂れる青汁

男性が原因での妊活に悩む方にも人気で活力で悩む男性にオススメ。

しかも青汁なので会社や家族にもばれないで活力と野菜不足対策ができる

サイト内詳細ページはコチラ

外部の詳細ページはコチラ

男性不妊青汁として紹介している公式サイト