精力は35歳がピーク

精力は年齢と共に衰えていくというのは、なんとなく知ってる方も多いと思いますが、精力減退の具体的な原因を知っている方は少ないのではないでしょうか。精力減退の原因は下記のようにいくつかあるので、原因をしっかり把握することで、精力減退の悩みを正確に解消する糸口になるかも知れません。

男性ホルモンの低下による精力減退

精力減退の原因精力減退の直接的な原因は、男性ホルモンの低下が影響している事が多く、男性ホルモンは他にも「精子の質」や「勃起」にも関係していて、テストステロンとも呼ばれる男性にとって欠かす事の出来ない重要なホルモンです。

加齢によりどんどん男性ホルモンの分泌量は減少していき、一般的には30歳をピークにゆるやかに減少し始めると言われています。ただ、男性ホルモンの減少率は個人差が大きいので、精力減退の原因は必ずしも男性ホルモンが影響してるとは言い切れません。

ストレスによる精力減退

ストレスで精力減退生活する上で誰しも、ストレスを少なからず感じる機会があると思います。職場でのプレッシャーや、上司や部下との人間関係がうまくいかなかったり、家庭の事情で夫婦関係が悪化してしまうなど、多少のストレスであれば精神を活性化させいい刺激となるのですが、過度にストレスを感じる場合は精力や性欲がどんどん低下していきます。

過度のストレスは、男性ホルモンの分泌に深く関わっている「自律神経」のバランスを乱すので、結果的に精力減退や性欲の衰えにつながっていきます。人によってはストレスが溜まっていると自覚できないケースもあるので、注意が必要と言えます。

ただ、人間関係などの慢性的なストレスは簡単に解消できるものではないと思いますが、「何とかしないと・・・」と考えすぎるのは逆効果になるので、まずは運動や趣味などストレスを気軽に発散する方法を考えるといいでしょう。

食生活や生活習慣の乱れによる精力減退

メタボ対策で精力減退特に注意すべきなのが生活習慣病のひとつにある「糖尿病」です。糖尿病になると精力が減退するだけでなく、勃起不全(ED)になる確率も跳ね上がるのと言われています。更に肥満体型で糖尿病になった場合は、男性ホルモンの生成量がより減少するので極端な精力減退を招く恐れがあります。

他にもタバコは、血管を縮めて血流を悪くするだけでなく、精力減退に深く関わっています。あまり知られていないのですが、ニコチンを摂取することで性欲と同じような快楽を得られるようになり、わざわざ行為をする必要がないと脳が判断するようになってしまう可能性があると言われています。

それと、不摂生な食生活を送っていると「精」をつけるための栄養が身体中に行き渡らずに精力が落ちていきます。特にミネラルの「亜鉛」が十分に摂取できていないと、精力を回復するのは難しいでしょう。

男性なら何度か体験したことあるかも知れませんが、身体がひどく疲弊していると性欲が湧いてこないですよね。その場合、しっかり睡眠をとって体をいたわってあげる事が重要です。睡眠は肉体的な疲労を解消するだけでなく、ストレス解消にも効果的なので、規則正しい生活リズムで過ごすことは、精力減退に対してとても有効的な対策の一つといえます。

精力剤で人気なのはコレ!!

中折れの手っ取り早い対策は、病院で処方されるED治療薬。また、男性ホルモンの向上など根本的な見直しをするためにマカやトンカットアリといった素材を配合したサプリメントも人気です。

  • ビガリス

    精力剤1位ビガリス

    製薬会社の精力サプリ

    医薬品の精力剤や男性ホルモン剤の製薬会社である芳香園製薬が、創業60年の実績とノウハウで開発した人気の男性サプリ。
    精力剤は

  • シトルリンの青汁

    精力剤の青汁

    サプリが続かない人もOK!

    シトルリン・亜鉛が高配合された桑の葉ベースの青汁。精子や増やしたい男性不妊の方にも。
    精力剤は

  • ED治療薬 シアリス

    ED治療薬シアリス
    ED治療薬NO.1

    医療機関で処方されるED薬で持続時間の長さで人気。
    偽物には注意が必要。

    病院での処方をおススメ。
    精力剤は

  • 漢方精力剤 超威龍

    漢方勃起薬の超威龍

    輸入代行で25万人が利用

    個人輸入代行を通じて14年間で25万人が利用した人気の漢方精力剤。

    偽物には注意が必要。
    精力剤は